「日曜に散歩」で綻びる中国の一党独裁

インターネットの普及で、反抗者たちに新たな闘争手段。“散歩”はいつデモに早変わりするか分からない。

2011年4月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

3月上旬の北京はピリピリした空気に覆われていた。毎年この時期、天安門広場に面した人民大会堂で「両会」(全国人民代表大会と中国人民政治協商会議)が開催されるため、市内の警備が強化される。今年は警察と武装警察に加え、民間の保安要員が大量に動員された。袖に赤い腕章をつけて街角のあちこちに配置され、総数は75万人に上るという。2008年の北京五輪以来のものものしい警戒は、言うまでもなく「中国ジャスミン革命」を封じるためだ。

「茉莉花」の特別な意味

ジャスミンは中国語で「茉莉花(モーリーホワ)」と書く。北アフリカ発のジャスミン革命はチュニジアの国花が由来だが、中国では「茉莉花」が別の意味の政治的符丁であることは意外に知られていない。茉莉花と聞いて中国人が真っ先に思い浮かべるもののひとつは、二胡のゆったりとした調べが郷愁をさそう民謡「茉莉花」だ。清朝時代の江南地方で歌われ始めた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。