「有馬頼底」とは違うと創価学会が税務調査を警戒

2011年4月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

京都仏教会の有馬頼底理事長が起こした申告漏れ(86頁参照)を受け、公明党は早速、母体の創価学会に累が及ばないよう過敏に反応しているようだ。有馬氏に関する報道から1週間後の2月25日、公明党の池坊保子衆院議員は国会質問で「(有馬氏の問題で)宗教法人全体に対する信頼が損なわれるのであれば残念」と述べ、さも既存仏教界と学会は違うのだ、と言いたげだった。その1週間後の3月5日には「日本漢字能力検定協会」(漢検)の理事長を解任された池坊氏。やはり漢検理事で池坊降ろしの急先鋒だったのが有馬氏だ。池坊氏から週刊誌への「リーク」があったこともあり、漢検の「内紛」が国会に持ち込まれたにすぎないと受け止める永田町・マスコミ関係者が多かったが、実情はちょっと違うようだ。公明党関係者によると、創価学会が避けたいのは、宗教法人に対する世論の風当たりが強まり、「おいしい」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。