石原「天邪鬼」出馬で暗部封印

「ダミー松沢」の意外な不人気に外れた思惑。築地移転と新銀行東京の“負の遺産”を処理して2年で勇退か。

2011年4月号 DEEP [都知事選サプライズ]

  • はてなブックマークに追加

利権を手放すまいと、策謀に策謀を重ねて世論の裏をかいた石原慎太郎が、最後に主役の座を奪われた。3月11日午後2時22分、都議会本会議場で4月10日の都知事選に出馬すると表明したがそれから24分後、宮城沖で起きたマグニチュード9.
0の地震で、出馬のサプライズは新聞の片隅に追いやられた。今から43年前、参議院全国区から出馬して当選して以来、支援してきた会社経営者は、その性格を「天邪鬼!」と喝破した。「説得は逆効果。右といえば左という人。意に沿わせようと思ったら、逆張りするしかない」出馬が噂された石原以外の有力候補は、真偽こもごも十指に余る。渡辺美樹、松沢成文、東国原英夫、小池晃、猪瀬直樹、小池百合子、蓮舫、舛添要一、渡辺喜美、丸山和也……。みんなが石原都知事の結論待ちだった。長男の伸晃・自民党幹事長が説得を続けるなか、「政界は一寸先は闇」「ケセラセラだ。な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。