ソルベンシー比率で負けるな第一生命が劣後債のゲタ

2011年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

第一生命保険は3月中に海外機関投資家向けにドル建て永久劣後債を発行する方針だ。新聞各紙は「1千億円規模」「M&A強化」「財務基盤強化」と華々しく報じたが、実際の調達額は10億ドル規模で、円高局面の今や820億円程度。第一は昨年10月に財務基盤強化に向け、期限付き劣後債3200億円を借り換えたばかり。そのわずか4分の1を慌てて調達するのは何故なのか。市場関係者の見立ては「せこい期末対策」。と言っても、昨年、大手生保として初めて株式会社化、上場を果たした第一は1兆円超を調達。豪州の保険会社買収も果たし、経営危機が生じているわけではない。第一が期末で気にするのは、生保の健全性指標ソルベンシー・マージン比率の順位のようだ。この健全性指標は12年3月期に新基準適用が決まり、関心は高まるばかり。大手生保が財務健全化に走る中、各社の比率はこれまでになく差が縮まっているの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。