「情報音痴」外相の空しき成果

2011年4月号 連載 [手嶋龍一式INTELLIGENCE 第60回]

  • はてなブックマークに追加

ブナの森のなかをふたつの小径(こみち)が直角に交わっている。木枯らしが舞う散策の径(みち)を毎朝おなじペースで歩いてくるひとがいた。午前8時には決まって森の十字路に姿を見せる。目深にかぶったチロリアンハットの陰から大きな丸顔が覗き、眼光は炯々として鋭かった。このチロリアンハットのひとこそ、ヨーロッパ外交界に聳え立つ巨人、ハンス=ディートリッヒ・ゲンシャーだった。ベルリンの壁が崩壊して数年、欧州連合は東方に拡大を続けて、北の大国ロシアと緊張を孕んでいたころのことだ。「ドイツの小さな町」と呼ばれた暫定首都ボン。その郊外にあるペヒ村に私は住んでいたのだが、村人たちに誘われてよく森の散歩に出かけ、予期せぬ出会いに恵まれたのだった。森の十字路で互いに挨拶し、やがて晩餐会で言葉を交わすようになった。自由民主党を率いて時の与党と連立を組み、政権の副首 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。