河村名古屋市長が「ずっこけ財源構想」

2011年4月号 連載 [LOCAL EYE]

  • はてなブックマークに追加

地域政党「減税日本」のリーダーとして中央政界でも注目を集める河村たかし・名古屋市長。2月6日には出直し市長選、愛知県知事選、市議会解散請求の「トリプル選挙」で圧勝。約2週間後の21日に、昨年Jリーグ優勝を果たした名古屋グランパスのクラブ後援会で「サッカー専用のスタジアムを名古屋に造りたい。(市中心部の)鶴舞公園でも造れる」とぶち上げた。だが、その財源構想を聞いて聴衆はずっこけた。河村市長の一枚看板は市民税の10%減税だが、その金額はトータルで600億円にのぼるとみられる。「600億円の一部を市民がグランパスに寄付すれば、建設費は集まる」と言うのだ。「寄付を前提に政策を考えるなら、そもそも減税しなくていいではないか」と考えるのが常識というものだろう。だが、河村市長はあながち冗談で言ったわけでもないようだ。実は、再選を果たして以来、河村市長は名古屋に本社 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。