「根こそぎ日本」に電力再編論

グローバル化の津波に「新・日本株式会社」が立ち上がる。新日鉄・住金が合併するなら電力、石油、化学も。

2011年4月号 COVER STORY [企業大選別の序章]

  • はてなブックマークに追加

3月11日に東日本を襲ったマグニチュード9.0の巨大地震は、日本に深いトラウマ(心的外傷)を残した。津波の破壊力と一面の瓦礫と泥濘、炉心溶融で吹っ飛ぶ原子炉の建屋、停電や渋滞などで機能マヒした首都……超現実的だが、どこかで見た光景だ。押し寄せるグローバル化の津波になす術もなかった「失われた20年」。日本経済はすでにこの「根こそぎ」を体験し、それが現実の光景になった。被災地の住民のみならず、企業も「いかに生き延びるか」に解答を出さなければならない。いま思えば、あれは序章だった。2月3日、新日本製鉄と住友金属工業が12年10月の経営統合をめざすと発表した。粗鋼生産量世界6位の新日鉄、同じく世界23位の住金。両社の合併によって単純合算で粗鋼生産量4700万トン、売上高は5.
5兆円となり、中国の宝鋼集団を追いぬいてアルセロール・ミタル(ルクセンブルク)に次ぐ世界2位の製 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。