「渡辺更迭」トヨタで何が起こったか

目障りな前社長を飛ばして、財界活動に背を向ける。国内の過剰生産設備に切り込む覚悟はあるか。

2011年4月号 BUSINESS [待ったなしの「国内リストラ」]

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車の豊田章男社長(54)は3月9日、2015年までの経営方針「グローバルビジョン」を発表した。主な内容は、取締役数の大幅削減、世界各地域への権限移譲や新興国での販売強化など。連結営業利益1兆円(営業利益率5%)の確保も打ち出した。章男氏は会見の冒頭で「お客様に選ばれる企業でありたい。トヨタを選んでいただいたお客様に笑顔になっていただきたい。これが私なりの反省も踏まえて到達した結論です」と述べた。昨年のリコール問題や米公聴会への招致といった苦い経験を踏まえ、意思決定の迅速化を図る。今後は、トヨタ本社は大きな道筋を示すだけ。世界の各地域が具体的な戦略を立て、素早く対応する経営スタイルに変える。オーソドックスで目新しいものはない。むしろ、トヨタほどのグローバル企業の方針転換としては遅きに失した感がある。かねて本部制を敷くホンダの米国事業は、現 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。