松本学日記とPCLの人々

「警察トップ」の文化交遊

2011年4月号 連載 [日記逍遥 第27回]

  • はてなブックマークに追加

「日本橋偕楽園に文芸懇話会最初の会を開く。新聞等の論調が面白い。非常なセンセーションを与へたやうだ」(昭和9年1月29日)ときの警保局長松本学が愉快そうに記したように、数日前の東京の各紙には刺激的な見出しが並んでいた。「警保局の後押しで/帝国文芸院の計画」(東京朝日新聞)「官吏と文芸家/敵味方?握手/音頭取りは松本警保局長」(読売新聞)警察のトップである警保局長主催の会合のため、「文芸統制」への動きと見られたようで、文壇は大騒ぎとなり、世間の注目を集める。松本学といえばこの一件から、「統制の元締め」のように見なされることが多い。だが島木健作の文芸懇話会賞授賞に反対したのちは「統制」らしきことはなく、うるさ型をよくまとめて、日本芸術院への道筋をつけていった。菊池寛も解散に際し、「官僚政治家の中では、文芸に好意と関心を持ち、文芸の保護奨励を計ら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。