見城 徹(幻冬舎社長)

幻冬舎MBO難産 挙動不審のGCA

2011年4月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――93年の幻冬舎創立で「ひとつ間違えれば地獄へいく薄氷を踏みたい」と宣言しました。その薄氷をMBO(経営陣による自社買収)で踏みました。そもそもなぜ上場を?見城 出版社って丼勘定じゃないですか。投下したおカネがどこで生きるか、ちゃんとした会社にしなければいけないという思いが創立4年目くらいに強くなってきた。それなら、上場してガラス張りにしようと考えた。資金調達の必要は、2003年の上場時点ではそう感じていなかったんですけどね。――それがなぜ8年で上場廃止に?見城 出版不況は上場時より一層厳しい。短期的な利益や株価を考えていたんじゃ、これは難しくなる、株主にも迷惑がかかるな、と思うようになった。業績予想を立てて毎期そこそこの利益は出せても、中身は当たるも八卦当たらぬも八卦。3四半期の末になってある程度の利益を出そうと、四苦八苦することになる。売れない作 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。