大学発「デジタルデータ永久保存」が脚光

2011年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

今や書籍にも電子化の波が押し寄せ、部屋にあふれていた本までもパソコンの中に収めることができる世の中。ところが、デジタル情報の長期保存には、依然として難問がある。まずITの技術革新の速度が速く、次々にバージョンが変わり、古いソフトで書き込んだ情報が読めなくなる。ソフトウエアのメーカーは上位互換性があると主張するが、たとえばフロッピーディスクに記録したデータなどは古いハードウエアがないと事実上読み取れない。ソフトだけでなくハードも保管しないと読めなくなってしまうのが現実だ。その上、主流の保存メディアであるDVDなど光ディスクの寿命は決して長くない。メーカーはほとんどアナウンスしないが、10年からせいぜい数十年というのが業界の常識で、ユネスコの報告書でも長期保存にCDやDVDを使うのは「重大な危険を伴う」と警告されている。ハードディスクも故障や劣化が避け ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。