日経は編集局長を同期で「たらい回し」

2011年4月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

日本経済新聞社は3月29日付で紙の新聞のコンテンツ(情報の中身)の最高責任者であり、社長への登竜門である東京本社編集局長のポストを、昭和51年入社の小孫茂常務から同期の岡田直敏常務に回す。年次順送り主義の強い同社では異例の人事で、44年入社の島田昌幸氏(現テレビ東京社長)から同期の平田保雄氏(現日経副会長)に回して以来だ。編集局長を3年務めた小孫氏は、電波・電子戦略統括に異動する。一方、電子新聞事業担当として新聞業界初の有料「電子新聞」を立ち上げた岡田常務は、紙の新聞の編集局長に座る。同期入社組の小孫、岡田両氏のスワップ人事だ。人材豊富な日経でなぜこんなことが起こるのか。「実は昭和52~54年入社は石油危機後の不況のため採用数が極端に少ないうえ、東京編集局長に相応しい人材がいない。同期の小孫、岡田両氏で回し、将来のエースの呼び声が高い56年の原田亮介 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。