毎日新聞に「整理畑」編集局長が誕生

2011年4月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

毎日新聞東京本社の編集局長が4月1日付で交代する。河野俊史現局長は、取締役編集担当のままポストを離れ、成田淳東京本社代表室長が就任する。成田氏は整理畑が長く、政治部、社会部、外信部出身者が編集局長ポストを握ってきた毎日では、異例の抜擢だ。電子新聞事業を見据えた朝比奈豊社長の強権発動との見方もある。さらに、局長の交代だけでなく組織変更も行い、編集局を編集編成局に改称する。昨年、朝日が実施した報道局と編成局の分離ほどドラスチックではないが、昨今の欧米新聞界の潮流となっている「統合編集」(紙と電子の双方に対応する編集体制)を意識した組織改変といえそうだ。本紙だけでなく、電子媒体向けの配信を強化するため、整理の流れを熟知する成田氏に白羽の矢が立った。同氏は情報編成総センター室長(整理本部長)、代表室長を経験、降版時間や新聞の流通ルートに通じている ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。