「16人造反」の仕掛人、平野貞夫の次の一手

2011年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「また小沢の仕掛けだな……」2月17日、民主党の小沢一郎元代表に近い衆院議員16人が会派離脱を表明したことに対して、そんな憶測が渦巻いた。昨年9月の党代表選で菅直人首相に敗れた小沢氏は、今年に入って政治資金規正法違反罪で強制起訴され、「党員資格停止」処分となり、今では閉門蟄居の身。とは言っても、そこは20年以上も政界に君臨する小沢氏のこと。このままフェードアウトするはずもなく、「16人の背後に小沢あり」と見られても仕方がなかった。が、16人の決起シナリオを描いたのは小沢氏ではなく、小沢氏の知恵袋とされる平野貞夫元参院議員(75)だった。実際、決起の当日、平野氏の電話に小沢氏は「あの16人の意志には参ったな。しかし、これだけの決断をしたことを、私が理解しないわけにはいかない」と語ったという。16人のリーダー格、渡辺浩一郎議員から会派離脱の決意を知らされた小 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。