「たそがれダボス」にウブな日本

ドタバタで駆けつけた菅首相に、日本国債格下げの口頭試問。ダボス会議の底意を見抜けぬお粗末。

2011年3月号 BUSINESS [新興国はどこもドライ]

  • はてなブックマークに追加

身なりのいい男たちが胸を反らして快活に挨拶を交わす。そこかしこに世話係の制服美女が婉然とたたずみ、合間を美貌のテレビ・リポーターたちが駆け回る。開会は世界的テノール歌手、ホセ・カレーラスの甘い美声。町のホテルでは夜ごと盛大な饗宴。スイス・アルプスのスキーリゾート地で開かれるダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)は、今年もバブル期の東京やニューヨークを彷彿とさせる華やかさだった。昨年の40周年を機に会場は大掛かりに改装され、3カ月前に1800人収容の大ホールと100人超の会議室6室が完成。同じスイスはジュネーブのレマン湖を見下ろす超高級住宅地に位置するフォーラム本部も、敷地・建物を倍に拡張した。15年前、約70人だった職員数は今や500人、予算規模は5倍の約200億円、ニューヨーク・北京・東京に事務所を構える。今年の参加者は、世界100カ国以上の政治家・企業家 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。