「ムバラク幕引きドミノ」の次

「後ろ盾」を失うイスラエルは戦々恐々。米国も中東戦略の大前提が崩れ、その空白にイランが浸透する。

2011年3月号 GLOBAL [中東パワー・バランス]

  • はてなブックマークに追加

チュニジアの「ジャスミン革命」が飛び火したエジプトの政変は、中東にどんなドミノが始まったことを示しているのだろうか。1月25日に反政府デモが始まって以来、ホスニ・ムバラク大統領は内閣を総辞職させ、オマル・スレイマン総合情報庁長官を副大統領に任命し、2月1日には次期大統領選挙への不出馬を宣言するなど、反政府勢力への妥協案を次々に打ち出した。それでも4日には、カイロ中心部タハリール広場は100万人のムバラク退陣要求デモで埋め尽くされ、大統領支持派との衝突で死者も出た。結局、即時辞任を求める民衆の圧力に抗しきれず、11日にはスレイマン副大統領が国営テレビを通じて、ムバラク大統領が辞任し、全権を軍最高評議会に移譲したと発表した。米国のバラク・オバマ大統領は、野党勢力との本格的な協議を開始したことを評価し、スレイマン副大統領主導の政権移行プロセスを静観する ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。