廃墟「かんぽの宿」高値鑑定 現物出資の新錬金術

簡保ムダ遣いの末路。閉鎖した廃墟を会社乗っ取り屋や不動産鑑定士が「ハコ企業」の財布に使った。

2011年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

北海道・大雪山国立公園内で20カ所近い宿泊施設が軒を連ねる層雲峡温泉街。80万人の年間宿泊者数を誇る観光地だが、数年前から“幽霊ホテル”に手を焼いている。「温泉街のイメージダウンにつながるので、解体してほしいが……」と地元を困惑させているのは、築9年近い鉄筋コンクリート5階建てながら、外壁2カ所に約10メートル四方の大穴があいた不気味な廃墟。看板には「かんぽの宿・層雲峡」――。旧郵政省の外郭団体が1972年に開業、2002年6月に約33億円かけて現在地に移転新築された。バリアフリー構造の建物で、北海道福祉のまちづくりコンクールでは最優秀賞に輝いたが、その後、不採算施設を廃止・見直しする郵政民営化のあおりで06年3月に閉館。07年2月に東京で温泉レジャー施設を展開する「大江戸温泉物語」(東京・江東)に約1億7千万円で引き取られた。が、採算の見通しが立たず、営業再開を断念。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。