三菱東京UFJ銀行が日銀に責任転嫁の顛末

2011年3月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

メガバンクの10年度第3四半期決算が出揃った。市場関係者の多くが「国債等債券損益」に注目していた。これには伏線がある。昨年10月5日、日銀は新たな金融政策として「包括的金融緩和政策」を打ち出し、メガバンクは国債投資のポジションを膨らませた。日銀の金融緩和により金利が低下すれば、債券価格が上昇すると読み、国債への投資を拡大したのだ。確かに、金利はしばらく低下傾向を辿ったが、その後は反転し、上昇基調となった。このため、メガバンクは債券投資に損を抱えることになった。12月20日、財務省の国債市場特別参加者会合で驚くべき発言が飛び出す。要約すると「日銀の緩和政策を受け、10年度下期以降の債券運用スタンスを固めた。しかし、現状では、日銀に対して懐疑的にならざるを得ない」。つまりは債券運用の失敗を日銀に転嫁したのだ。発言の主は三菱東京UFJ銀行だった。これには日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。