街に溢れる危ないクリーニング店

業界大手に法とモラルが通用しない不条理な世界。国会議員の擁護発言で行政指導も腰砕け。

2011年3月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

多くの人が利用するクリーニング店は、全国に14万軒もあり、街を歩けば、必ず看板が目に入る。このうち、実際に作業を行う「クリーニング所」は約3万軒で、そのほとんど(全体の94%)が石油系溶剤を使用したドライクリーニングを行っている。石油系溶剤は引火の恐れがあるため、建築基準法で工業地以外での使用が禁じられている。ドライクリーニング洗濯機には溶剤タンクが付随するため、ひとたび引火すれば爆発炎上することになる。毎年、いくつかのクリーニング店で火災が起こる。昨年9月、東京・大田区内のケースでは爆発によって地響きが起こり、火柱が上がった。クリーニング業は決して安全な職業ではなく、街中のクリーニング店の火災事故は非常に危険である。ところが、この石油系溶剤の危険性を承知のうえで、平然と不正を行う業者がいる。特にクリーニング業界では中小事業主より、全国規模の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。