「国庫破綻」と紙一重の菅政権

与謝野入閣から小沢処分と異常事態続き。ついにメルトダウンに向かうのか。生き延びようともがくのか。

2011年3月号 POLITICS [「ねじれ国会」の決戦場]

  • はてなブックマークに追加

2月9日の衆院国家基本政策委員会。菅直人の首相就任後、初めての党首討論が開かれた。社会保障と税の一体改革を巡る与野党協議を呼びかけた菅。自民党総裁の谷垣禎一と公明党代表の山口那津男はそろって突っぱね、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)を徹底攻撃した。菅「きちんと案を出したら与野党協議に乗っていただけるのか」谷垣「公約は消費税率を上げない前提に立っていた。カド番だから、八百長相撲を一緒に取ってくれ、などという話には乗れない。新しい公約をつくり国民の信を問うべきだ」山口「年金一元化も公約の財源論も、民主党は国民との契約を破った。責任を明らかにすべきだ。国民の信頼なしに大きな改革はできない」すっかり衆院解散・総選挙モードの自民党の谷垣は無論、「解散ありき」とは一線を画す公明党の山口も締めくくりに「決意もリーダーシップもないことがはっきりした ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。