トヨタが本拠地「三河工場群」を閉鎖・縮小

2011年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

トヨタ自動車が本拠地、愛知県三河地区に抱える古い工場の閉鎖・縮小を迫られている。トヨタグループの生産能力は世界全体で1千万台。うち国内は今年1月に稼働した生産子会社、セントラル自動車宮城工場を含めて400万台だが、2010年の生産実績は328万台にすぎない。11年は計画こそ310万台だが、実需は300万台程度と見られ、生産能力の余剰は100万台に膨らむ。今後も国内人口の減少で国内需要は縮小が必至。稼働率の低い三河の工場集約は不可避だ。豊田章男社長は昨春来の円高局面でも「国内のものづくりと雇用を守るため、国内300万台生産を死守する」と安易な海外移転を避け、国内の雇用維持に努める意向を示してきたが、ここにきてトーンが変わった。年頭の社内訓示で「生産拠点の移転はしたくないが、どうしても利益が出ないとなれば、現実のものとして考えざるを得ない」と語ったのだ。利益が低空飛 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。