ルノー・日産のEVに「産業スパイ」の怪

「リーフ」発売の矢先、幹部3人が解任された。基幹の電池開発で情報漏洩か。ナゾだらけの沈黙。

2011年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

仏自動車大手ルノーのカルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)は、電気自動車(EV)で世界トップのメーカーになることを夢見ている。2020年にはEVが自動車市場の1割を占めると見て、ルノーの傘下にある日産自動車とともにEV開発に40億ユーロを投資してきた。ハイブリッド車を飛び越していきなりEV移行を促すパイオニア的な試みだ。昨年12月にルノーは日産ブランドの「リーフ」を日米で発売、ルノー・ブランドでも4車種の生産を決めた。まさにそのタイミングで、ルノーのEV情報漏洩が危惧される産業スパイ事件が起きた。新年早々の1月4日夜、ルノーが産業スパイ行為で幹部3人を解任するとのAFP電が流れると、メディアは一斉に飛びついた。ルノーのパトリック・ペラタ最高執行責任者(COO)とゴーン会長は「漏洩したのは、EVの核心技術であるバッテリーやモーターなどの情報ではなく、コストモデルや ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。