国のため、がんばれ与謝野

2011年3月号 連載 [硯の海 当世「言の葉」考 第59回]

  • はてなブックマークに追加

少しばかり昔のこと。与謝野馨は自民党総裁選に出馬し、麻生太郎や小池百合子ら他の立候補者とともに、私のテレビ番組(テレビ東京系列「週刊ニュース新書」)に出演した。そのときに、候補者に座右の銘を書いてもらったことがある。与謝野は、そんなものはないんだけれど、と政治家らしからぬぐずり方をしていたが、やがて「友を選ばば書を読みて、六分の侠気四分の熱」と書いた。説明の必要もないだろうが、祖父与謝野鉄幹の「妻をめとらば」の一節である。世間をあっと驚かせ、批判の嵐がやまない与謝野の入閣騒ぎは、俗人の大臣病などではなくこの「六分の侠気四分の熱」によるものだろうと信じている、というか信じたい。*40年もの政治ジャーナリスト生活でおびただしい数の政治家とつき合ってきたし、観察してきた。その中で、志の高さにうたれた政治家を何人かあげよ、といわれたら与謝野馨は間 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。