日経新聞が「折込広告」子会社清算の波紋

2011年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本経済新聞社は2月末、折込広告子会社の「日経大阪ピーアール」を解散する。新聞と一緒に配るチラシである折込広告の減少で赤字が続き、回復の見通しが立たないことから清算を決めた。新聞不況は依然として深刻で、新聞の媒体力に付随する形で生き延びてきた関連会社を、本社が支え切れなくなっている。今後も関連事業の整理・統合が続きそうだ。 日経大阪ピーアールは1986年大阪市内に設立(資本金3千万円)。日経の全額出資子会社で役員は日経の販売、広告部門のOB、現役幹部で固めている。日経本紙をはじめ全国各紙への折込広告の取り次ぎが主力だが、出稿減から慢性的な赤字に陥っていた。このため、「筋のよくない広告主から無理をして広告をとり、これが裏目に出て、広告料を回収できず、4億円近い不良債権を抱えてしまった」(広告部門のOB)という。これを知った日経本社はもはや会社存続は不 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。