今が政権奪還のチャンスと動き出した伊吹文明

2011年3月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

自民党の伊吹派会長、伊吹文明元幹事長(73)が谷垣禎一総裁の党運営を批判する場面が増えている。2月3日の伊吹派総会。伊吹氏は愛知県知事選で党内の足並みが揃わない点を捉え、「自民党の支持率は上がらない。互いに違う方向を向いて進むようなことを許していては、執行部はダメだ」と、露骨な谷垣批判をした。財務相や文部科学相などを歴任した政策通で知られる伊吹氏は「政局の人になっている」(自民党関係者)。狼煙をあげたのは1月24日の伊吹派総会だった。谷垣総裁が通常国会で民主党政権を衆院解散・総選挙に追い込むと表明したのに対して「考えていた通りにできない場合、出処進退は執行部が考えることだ」と発言。「伊吹さんは谷垣応援団のはずなのに」と、驚きの声が上がった。周辺によると、伊吹氏は「今国会が政権奪還のラストチャンス」と見ており、「言葉だけでは政権を取れない」とし ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。