「周回遅れ」東京市場の復興へ動き出せ

2011年3月号 連載 [隗より始めよ]

  • はてなブックマークに追加

東京金融・資本市場の地盤が低下している。声高な投資家を放逐した結果、市場が弛緩し、法外な増資が横行している。発行と流通市場は乖離し、社債市場は発育不全のままである。外資では、アジアの中で東京市場をどう位置づけるか、リポジショニングの検討が始まっている。政府は「新成長戦略」の中で、アジアの金融センターとして「ユーロ市場に比肩する市場を実現する」と言明しているが、具体的なアクションを起こす意欲に乏しい。NYSEユーロネクストとドイツ取引所の合併協議に比べると「周回遅れ」と見える。日暮れて、道遠し。しかし東京に世界の関心を惹きつけ、情報発信力を取り戻す起爆剤がないわけではない。わが国には、政府が直接・間接運用の任に当たっている巨額のファンドがある。年金積立金(GPIF 117兆円、世界最大の年金基金)、ゆうちょ銀行・かんぽ生命(各貯金残高175兆円、運用残 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。