辺境から世界を撃つ「日本映画大学」

巨匠今村昌平の遺志を継ぐ、日本初の4年制映画大学が発足。逆境に耐えられる若者こそ来たれ!

2011年3月号 LIFE [特別寄稿]

  • はてなブックマークに追加

『豚と軍艦』や『にっぽん昆虫記』『赤い殺意』など人間の欲望とエネルギーを生々しく描いて国際的な評価が高く、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した今村昌平の没後5年にあたる今年、その遺志を継いだ日本初の4年制映画単科大学として「日本映画大学」が発足する。映画産業の斜陽化で大手映画会社の撮影所が閉鎖され、監督や脚本家から俳優、撮影や録音、美術の技術者など、映画制作の現場を支える人材の育成システムは崩壊している。危機感を募らせた今村は生前、映画制作を目指す若者たちを集めて自前で専修学校を立ち上げ、「日本映画学校」として多くの人材を輩出してきた。4月に発足する「日本映画大学」はすでに30年以上の実績を持つこの学校を継承、発展させたもので、日本初の「映画大学」となる。米国ではUCLAやニューヨーク市立大ほか、大学の映画教育がハリウッドシステムを支える。英国 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。