「新食料危機」に新興国不穏

砂糖や食肉の需要増加、干ばつ・水害で供給不安、QE2マネー流入の三重苦。食い物の恨みが爆発する。

2011年3月号 BUSINESS [帝国主義時代の再来]

  • はてなブックマークに追加

これは「ベルリンの壁」崩壊の21世紀版なのだろうか。チュニジアで起きた「ジャスミン革命」はみるみる中東全域を襲い、1981年以来続いたエジプトのムバラク政権にも幕が下ろされた。民主化の遅れたイエメン、ヨルダン、シリアなどは、こぞって政治改革の素振りを見せざるを得なくなっている。確かにアラブ世界は民主化の番外地にあった。英誌エコノミストのランキングでは、エジプトの民主化の度合いは世界138位。腐敗は98位、報道の自由は130位だ。チュニジアは民主化144位、腐敗59位、報道186位。ヨルダンが117位、50位、140位、シリアは153位、127位、178位……後は推して知るべしである。それでも近年は、新興国ブームにあやかってテクノクラート主導で成長路線を走り出していた。米欧の金融機関もオイルマネー流入をあてこんで、開発プロジェクトに乗ろうとした。おかげで長らく低迷していた経済も ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。