電通「SEC内偵」と社長交代

またもインサイダー疑惑。5年前に続き、2年前のTOBで調査再開。本格化の矢先に「尻尾切り」か。

2011年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

調査報道は、荒涼たる無人の原野に身を伏せて、ひたすら遠視スコープをのぞくスナイパー(狙撃兵)に似ている。はるか遠方の塹壕に目を凝らし、銃眼の奥の人影に赤外線をあわせ、息を殺してそっと引き金を引く。影が消えた。仕留めたか? そんなもどかしい瞬間がある。2月10日、新聞各紙は広告業界最大手、電通の社長交代を一斉に報じた。高嶋達佳社長が4月1日付で代表権のない会長に退き、石井直専務執行役員が昇格する、と。同日、報道どおり取締役会で交代人事を決めたと発表したから、各紙に配慮した電通サイドの事前リークだろう。

またもやCCIが舞台

交代の理由も、大株主の共同通信に足並みをそろえ、10年3月期まで減収だったが「海外事業の強化などに一定の道筋をつけたほか、業績も改善傾向にあることから経営陣の若返りを図る」と書いてある。ソニーなどの担当で営業局長などを歴任した石井次期社長は、初の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。