無配転落の東京スター銀行奇妙な動きを金融庁がマーク

2011年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「一体、どうなっているのか」。金融関係者は、東京スター銀行の奇妙な動きに首を傾げる。同行は99年に経営破綻した旧東京相和銀行を01年に米系ファンドのローンスターが買収、再建したもの。07年にはローンスターから国内最大の投資ファンドであるアドバンテッジパートナーズが買い取り完全子会社化。その後、業績が悪化し、10年3月期には最終赤字に転落した。そこで浮上したのが、アドバンテッジパートナーズが再び、ローンスターなどの融資団などに同行の株式を譲渡して再建する案。同じ銀行を同じ融資団が盥回しにするのは変だが、もっと奇妙なのは、経営危機にある同行が経営破綻した「武富士」の受け皿として名乗りを上げていること。金融庁関係者は、「東京スター銀は11年3月期決算で無配に転落する」と囁く。さらに「武富士だけでなく、経営破綻した日本振興銀行の受け皿にも立候補している」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。