新検事総長と小沢の「奇妙な因縁」

そもそも「小沢捜査」に反対だった笠間氏に白羽の矢。本人も驚いた検察首脳人事の裏側。

2011年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

大阪地検の証拠改ざん事件で信頼が失墜し、前任者の突然の辞任で図らずも検事総長となった笠間治雄氏(63)と、検察捜査が発端で強制起訴される民主党元代表の小沢一郎氏(68)――。ある検察幹部は「笠間さんは2年前に広島に出たが、あと半年あまり東京に残っていたら小沢さんは首相になっていた」と明かす。おそらく会ったこともない二人の奇妙な因縁をたどりながら、両者の前途多難な今後を占ってみよう。検事の定年は63歳。笠間氏は65歳定年の検事総長にならなければ、東京高検検事長を最後に、誕生日の1月2日で退官するはずだった。検察関係者の話では、年金受給の手続きを始め、送別会の予定も入れていた。そんなとき、総長の大林宏氏から「検察内部の危機感が足りないので、私は辞める。次はあなたが適任だ」と後任を打診された。笠間氏は大林氏が辞めると思っていなかったし、次は同期の小津博司 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。