東電を蝕む黒幕の「脅迫状」

西松建設から40億円の融資返済を迫られ、苦し紛れに恫喝した手紙を入手して笠間検察が「これでいこう」。

2011年2月号 DEEP [特捜部のリベンジ]

  • はてなブックマークに追加

12月27日、「特捜部たたき上げ」の笠間治雄検事総長が誕生した。大阪地検の前特捜部長ら3人が証拠改竄・隠蔽容疑で逮捕され、大林宏前総長が引責辞任した後の緊急登板だが、検察未曾有の危機に「現場に何ができるか、じっくり考えたい」と抱負を語った新総長には時間がない。任期はおそらく1年、手を拱いていては特捜部を立て直せない。特捜ここにあり、と存在意義を示す事件を短期間で仕上げなければならない。その標的は何なのか――年明け早々、特捜部が動きだした。幾重にも施錠され封印されてきた“原発利権”の封が解かれようとしている。本誌が「仙谷官房長官と白川司郎の『点と線』」と題する記事を載せたのは昨年9月号である。当時、官房長官だった仙谷由人と白川司郎との交わりをこう書いた。「仙谷と白川――学生時代から筋金入りの闘士として鳴らし、ついに官房長官にのぼりつめた弁護士と、政治 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。