哀れ大和証券が身を寄せる日本生命

「赤字転落」で尻に火がついた大和の鈴木社長。すがりつかれた日生の岡本社長はどう出るか。

2011年2月号 BUSINESS [金融再編の台風の目]

  • はてなブックマークに追加

「三井住友フィナンシャルグループ(FG)との合弁解消の影響は軽微。メガバンクの色が無くなり、ビジネスが広がる」大和証券グループ本社の鈴木茂晴社長(63)がこう啖呵を切って、10年にわたる三井住友FGとの法人向け証券業務の合弁解消を決めてから1年余り。日興コーディアル証券買収をテコに傘下入りを迫る三井住友FGを蹴った鈴木社長の勇断に、当座は社内も沸いたが、今では一転、最前線の営業部隊を中心に「えも言われぬ不安感」が広がっている。三井住友FGは「リーゼントヘアのツッパリ社長から売られた喧嘩は買わざるを得ない」と憤り、傘下の日興コーデ部隊を使って、容赦なく大和の法人・個人顧客を切り崩した。結果、大和の10年9月中間決算は大手証券5社中、唯一の最終赤字に転落。清田瞭会長(65)が「営業の筋力が落ちた」と敗北を認め、大和OBから「無謀な独立路線に走った責任は免れない ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。