「大転換期」に備えて内向き抗争を止めよ

2011年2月号 連載 [隗より始めよ]

  • はてなブックマークに追加

政権交代から2度目の新年を迎えた。民主党政権は、「政治とカネ」や「問責決議」といった永田町の内輪もめ、尖閣諸島や北方領土での隣国の揺さぶりに踊らされ、未だ安定的な国家戦略を描けずにいる。こうした中、国民の関心も、ねじれ国会、与野党対立、統一地方選といった国内の党派抗争ばかりに集まっている。ところで2011年、日本はどのような国際環境の下に置かれるだろうか。経済面では、スペイン国債の大量償還期限の到来に伴うユーロ不安や米連邦準備理事会(FRB)の量的緩和政策継続に伴う円高リスク、新興国で進行しつつあるバブルの崩壊リスクなどがあり、日本の景気回復の前途は多難だ。海外の動向に臨機応変に対応する高度な経済運営が不可欠だろう。また我が国を取り巻く国際政治は、引き続き北朝鮮をめぐる緊張の下に置かれる。日米連携を強化し、
中・露の緊張緩和に向けたコミットメン ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。