中国総領事館への国有地売却 名古屋市民の反対で頓挫

2011年2月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

名古屋市中心部の国有地を中国総領事館に売却する計画が、住民の猛反対で宙に浮いている。問題になっているのは、名古屋城近くにある国家公務員宿舎「名城住宅」と名城会館の跡地。在名古屋中国総領事館と愛知学院大が取得に名乗りをあげ、それぞれ約1万平方メートルと約2万1千平方メートルの買い取りを、東海財務局に希望した。ところが、この計画を知った名古屋市民の間で、強い反発が起こった。名古屋総領事館は06年に現住所に移転したばかり。しかも1万平方メートルもの敷地は、地方都市にある総領事館としては、明らかに不相応な大きさだ。名古屋の中心部では絶後と思われる大型物件だけに、市民から疑問の声が上がるのも当然だろう。昨年9月の尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の発生後は、なおさら嫌中心理に拍車がかかった。世論の動きに敏感な河村たかし名古屋市長も、財務省に売却反対の意向を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。