今年は解散できない!

菅政権が倒れても、総選挙を避けたい民主党にとって、国勢調査に基づく一票の格差ほど都合のよい口実はない。

2011年2月号 POLITICS [錦の御旗は「選挙制度改革」]

  • はてなブックマークに追加

折れそうな弱気と権力にしがみつく執念。崖っ淵に立つ首相の菅直人を「躁」と「鬱」が日替わりで襲う。1月13日、千葉市の幕張メッセで開いた民主党大会では「躁」だった。「子ども手当や農家の戸別所得補償は歴史上、画期的な政策と胸を張って構わない。絶対間違ってない」「我々世代の責任という認識で税制
・社会保障改革は党派を超えた議論が必要だ。野党が参加しないなら、歴史に対する反逆行為だ」挨拶は内閣支持率の低迷への反省どころか、夜郎自大に終始した。その数日前は「鬱」を打ち明けていた。「気持ちが……萎えるんです」1月7日夜、東京・上大崎の日本ビデオニュースのスタジオ。首相として初めてインターネットの生番組に出た菅は「時の首相が自ら辞めていく原因がなんとなく分かるんですね」と際どいセリフを口にした。「俺はこんなに頑張っているのに何で評価されないんだ、と。思いが伝 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。