鴨下元環境相が「問題病院」理事長

専務が自殺した富士薬品と、六本木の地上げで暗躍した業者にかつがれ、神輿に乗った打算。

2011年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

北海道樺戸郡新十津川町の空知中央病院――。札幌市の北に位置していて、人口減少が続き、平均を上回るスピードで高齢化が進行する過疎地の典型的な中核医療病院である。経営は芳しくなくトラブル続きだ。過去には「病院乗っ取り屋」が入り込んで院長を恐喝、逮捕起訴され実刑判決を受ける騒動に発展したことがある。現在もその後遺症を引きずる。3年前、資金繰りのために地上6階建て200床の病棟の土地建物を富士インベストメント(東京都港区)に売却、同時に同社から診療報酬請求権を担保に借り入れを起こし、経営の立て直しを図った。

国会議員が片手間で?

富士インベストメントは、置き薬大手の富士薬品(埼玉県さいたま市)と中堅不動産会社の双海通商(東京都港区)が共同出資する会社。これで経営が安定すると思ったのもつかの間、09年の富士薬品の不動産部門撤退を機に、債権売却などに動いて病院ブローカーが暗躍、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。