住友信託の高橋会長が勇退 中央三井の会長はどうなる

2011年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

年末の12月24日、中央三井トラスト・ホールディングスとの経営統合が4月に迫った住友信託銀行から高橋温会長の退任(3月31日付)が発表された。この人事に最も驚いたのは、当の住友信託と統合相手の中央三井の両関係者だった。双方から「なぜ、この時期に」と訝る声も出たが、高橋会長の周辺は「高橋さんは以前から、統合後の新しいボードメンバーには加わらないと明言していた」と語る。その点では「代表権はもちろん、取締役を持たない相談役に退いたのは見事な引き際」と、金融界の評価は高い。高橋会長の退任発表によって、今後、注目されるのは中央三井信託銀行の田辺和夫会長の去就。69歳の高橋会長が退くと、65歳の田辺会長がグループ最長老になる。統合相手で4月から会長を兼務する住友信託の常陰均社長は56歳、一方の中央三井の奥野順社長は60歳。高橋会長の退任によって、住友信託は一気に若 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。