ポケットマネーでワイン!丹羽中国大使が孤軍奮闘

2011年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

丹羽宇一郎・駐中国大使(元伊藤忠商事会長)が任地、北京で孤軍奮闘している。赴任してまもなく、いきなり尖閣問題に翻弄されたが、ようやく自分のペースをつかんできたようだ。天津、南京など地方都市に足を運び、民間出身ならではの経済外交を模索し始めた。丹羽氏は周囲に「自分の任期は2年だと思っている」と漏らしており、その2年のうちに中国の全省に足を運ぶことを目指しているそうだ。最近は北京にいる欧米諸国の大使との連携を深めるべく、積極的に会食の機会を設けている。そこでネックになったのは、大使館のワインセラーがほとんど役に立たなかったこと。歴代の大使館幹部は中国当局者とのつきあいに終始していたため、まともなワインの買い置きがなかった。やむなく、丹羽大使はポケットマネーでワインを買い揃えて饗応しているという。単身赴任で、広大な大使公邸に独りで暮らす丹羽大使 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。