「副会長ポスト」を新設した日経の狙い

2011年2月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

日本経済新聞社が1月1日付で「副会長」を新設した。会長と社長の間の中2階ポストに就任したのは平田保雄・日経BP前社長(65)。昭和44年日経入社。同社の主流である経済部の生え抜きで、かつては日経のプリンスと言われ、経済部長、東京本社編集局長などの要職を歴任。鶴田卓彦元社長の社長室長を務め、杉田亮毅前社長(現会長)の後継者と目されていた人物だ。日経本体の専務から出版子会社のBP副社長に転じ、08年社長に就任したが、折からの出版不況で創業40周年という節目の09年に初の赤字(営業損失10億5千万円)を計上。同年10〜12月に希望退職を募り、黒字転換にこぎつけたものの、人員削減断行のけじめとしてBP社長職を3年弱の短期で退かざるを得なくなった。これを拾ったのが日経本体の喜多恒雄社長(64)。かつては「平田いのち」と称して、平田氏を社長に担ごうとした経緯もあり、日経の取締 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。