孫が企む「中国版LTE」連合

鳴り物入りのドコモ「Xi」はごく一部。勝機とみてXGPで攻勢をかけるが、実態は中国の小判ザメでは。

2011年2月号 COVER STORY [次世代携帯戦争]

  • はてなブックマークに追加

昨年12月24日のクリスマス・イヴに、NTTドコモは現行「FOMA」(第3世代、3G)の後釜となる次世代携帯電話規格LTEの商用サービスを開始した。東京・大手町のNTT本社のイベントで、山田隆持社長は「大容量の映像、音声、AR(拡張現実)など社会に新しい生活スタイルをもたらすと確信しています」とアピール、スマートフォン時代にふさわしい新規格と胸を張った。サービス名は「Xi」(クロッシィと読む)で、下り最大37.5メガビット/秒(一部屋内では75メガビット/秒)の速さが目玉。月額料金は2年契約で月5ギガバイトまでなら上限が4935円という。もとはドコモを中心に規格化が進められた「スーパー3G」(「限りなく第4世代に近い」という意味で3.9Gとも呼ばれる)だが、3Gで先陣を切ったFOMAのように世界初ではない。独走すると世界の主流から外れた「ガラパゴス携帯」になるとの反省から、先にノルウ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。