原発「日の丸連合」に乗り遅れる三菱重工

2011年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

菅直人首相以下、閣僚がこぞって訪越し、どうにか「日本企業連合」による受注が内定したベトナムの原子力発電所建設計画。「日の丸連合」構成メンバーである東芝、日立製作所、三菱重工業の原発プラント3社のうち、どこが請け負うのか? 「少なくとも三菱重工でないことだけは確か」というのが、業界関係者の共通認識になっている。原発は沸騰水型原子炉(BWR)と加圧水型原子炉(PWR)の2種類に分かれ、東芝と日立はBWRを、三菱重工はPWRを手がける。世界的にはPWRが主流だからベトナムプロジェクトは三菱重工が有利なはず。実際、「ベトナム政府の本音はPWR」と現地の商社マンも言うが、なぜか、三菱重工の旗色が悪い。日の丸連合の中核を担った東京電力の原発がBWRを採用しているため、プラントは日立か東芝が請け負う可能性が高く、三菱重工にはお鉢が回って来ない――。そんな理由が囁かれるが、「東 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。