あの真壁氏が孫の職探し 城南信金の「親バカ3代」

2011年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

本誌1月号で詳報した名門信用金庫、城南信用金庫でクーデターの余燼がくすぶっている。解任された真壁實・前常任相談役と、その娘婿の深沢浩二・前理事長の後を追い、経営企画部次長の職にあった深沢氏の息子が「退職願」を出し、城南を去った。同信金の関係者は「ご子息の退職は、今回の解任劇とは関係ない」と言う。別の関係者は「むしろ女性問題で辞めざるを得なくなったという噂だ」と言う。真相は不明。体重が100キロを超える巨漢で「彼のためにトイレの便座を強化する改修工事を行った」とのエピソードが語られるほど、信金内では有名人だった。呆れ返るのは、その後日談。「無職となった孫のために、真壁さん自ら業界の関連会社などに出向いて、就職先を探し回っている。いずれ、どこかの関係先に就職することになるだろう」(信金業界関係者)一方、真壁、深沢のご両人は「城南信金の関連会社に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。