「岡規制改革」に霞が関は面従腹背

2011年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本経済を活性化する切り札にしようと、政府が規制改革の強化に動き出した。自民党政権時代の規制改革会議を衣替えし、行政刷新会議(議長・菅直人首相)に設置した規制・制度改革分科会が牽引役を担う。その分科会の民間委員トップに起用されたのが、住友商事の岡素之会長だ。しかし、省庁などの抵抗は根強いだけに、岡規制改革は視界不良と言えよう。「規制改革や制度改革の場に参加するのは初めてです。大変な役回りをいただき、精一杯頑張っていきたいと思っています」︱︱。キックオフとなった10月末の規制分科会で、会長代理に就任した岡氏はこう抱負を語った。蓮舫行政刷新相のもと、分科会長には内閣府の平野達男副大臣が就任し、民間委員は岡氏のほか、新浪剛史・ローソン社長、星野佳路・星野リゾート社長、大室康一・三井不動産副社長や学者などの顔ぶれだ。分科会に設けられた医療・介護、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。