「真壁追放」城南信金新理事長の「激辛改革」

2011年1月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「深沢理事長の解任動議を提案したい。真壁常任相談役も一緒に辞めていただきたい」全国第2位の預金量を誇る名門信用金庫、城南信用金庫で理事長解任事件が勃発した。クーデターの主役は、吉原毅副理事長(55)。11月10日の定例理事会で解任されたのは、深沢浩二理事長(58)と真壁實常任相談役(78)だった。この日の定例理事会には、深沢理事長と12人の理事、それに真壁常任相談役が出席していた。議事は粛々と進み、予定された議題が終わり、「その他の議題」に移った時、クーデターは起こった。実は、真壁、深沢両氏は、この定例理事会に向けて一人の理事を解任する準備を進めていた。その動きを察知した吉原副理事長は、件の理事解任が議題に上る前に決起。深沢理事長の解任動議をぶつけた。結果は、当事者の深沢理事長を除く12人の理事のうち9人が解任に賛成し、新理事長に吉原副理事長の昇格が決 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。