「UR民営化ムリ」馬淵国交相の嘘

“大借金”を理由に事業仕分けから逃れたが、実は資産超過。しぶとく生き残る「天下り天国」。

2011年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2010年4月の事業仕分け第二弾の目玉は、独立行政法人、都市再生機構(UR都市機構)だった。日本住宅公団や住宅開発公団が前身の典型的な天下り法人である。現在の理事長は小川忠男氏で、直前の経歴は内閣官房内閣審議官と書かれているが、実は旧建設省(現国土交通省)出身。このポストは代々、旧建設省の次官クラスの天下り先になっている。仕分け当時、役員13人のうち天下りは7人と過半数を占め、小泉政権時代に決めた「半分以内」という閣議了解方針を破っていた。さすがにこれはまずいと思ったのか、その後の人事異動で天下りを5人に減らした。ただ、5人のうち3人は、民主党政権になってお墨付きを得た「役員出向」。もし5人でも多いと批判されたら、役員出向は国家公務員のまま出向という位置づけだから、それを除けば天下りは10人中2人と勘定して、「天下りは多くない」と屁理屈で押し通す気だろ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。