IHIが「敵に塩」?造船中核技術を売り込み

2011年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

IHIが造船の中核技術の輸出に乗り出し、業界に波紋が広がっている。船体の「曲げ加工」を世界で初めてシステムとして自動化した同社は、それを中国を中心に新興国向けに売り込む。中国は造船の建造能力では断トツの世界首位となっており、業界では「敵に塩を送ったら、技術や品質面でもキャッチアップされてしまう」(造船大手)との懸念が強まっている。造船用の厚板を曲げる工程は、熟練技能者がガスバーナーによる加熱と放水ホースによる冷却を繰り返して微修正を加えていく職人の世界。一人前の技能者に育てるには、10年以上の経験を積む必要があり、業界では「巧みの技」とも呼ばれている。中国では建造設備の拡張に対して、熟練工の育成が追いつかず、まさに「喉から手が出るほど欲しい技術」だった。折しも10年上期の新造船受注で、日本は急激な円高も響き、トップから3位に転落。ライバルの韓国 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。