スカイマーク超大型機を欧州投資銀が支援か

2011年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

航空界の風雲児「スカイマーク」が大攻勢に出る。同社は14年にも世界最大の総2階建て機エアバスA380を6機導入予定。成田~ロンドン、ニューヨーク、フランクフルト各線を就航させ、国際航空界へのデビューを狙う。日本航空や全日本空輸の半額程度でサービスを提供し、業界地図を一気に塗り替えるという。A380の導入は国内初となる見通し。気になるのは一機280億円というカタログ価格だ。スカイマークは18年度以降さらに9機の調達を計画しており、投資資金は相当額になるはずだが、西久保慎一社長は当初調達分については「積み上げてきた利益と今後の収益で十分に対応できる」と言い切る。西久保氏の強気の背景には、エアバスと欧州連合の焦りもある。中大型民間機の受注競争でエアバスは米ボーイングに押されており、スカイマークに11月の基本契約で「大幅な割引価格を示した」(関係者)。さらに大手金 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。