ドイツ元凶「欧州債務デフレ」

PIIGS支援に「鉄の女」メルケルが強いる過酷な条件。利払い負担が重すぎて、ドミノ倒しの連鎖も。

2011年1月号 BUSINESS [終わらぬユーロ危機]

  • はてなブックマークに追加

チャールズ英皇太子夫妻の乗った車が師走のロンドンで、学費値上げ反対を訴える学生デモに巻き込まれた。12月9日のこのニュースを英国のBBCもトップで伝えた。英国のデービッド・キャメロン首相が打ち出した強烈な財政引き締めに、国民が音を上げたのである。英国ばかりではない。財政赤字の膨らんだ欧州諸国は、次々と市場の標的となり、国債の発行もままならなくなっている。焦点となっているのは、かつては「ケルトの虎」とまで呼ばれたアイルランドの惨状である。欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)による総額850億ユーロの支援がまとまり、日本では急速に関心が薄れているようだが、どうせ欧州の周辺国と侮っているのだろう。2010年春のギリシャ危機を引き金にしたユーロ安が夏場の円高に繋がったのを忘れたか。欧州の問題国であるポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペインを称し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。