丹呉前財務事務次官の読売入りに揣摩憶測

2011年1月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

読売新聞グループ本社が12月中旬、前財務事務次官の丹呉泰健氏を、御手洗冨士夫キヤノン会長とともに社外監査役に迎えた。丹呉氏は小泉内閣で首相秘書官を約5年半も務めた人物。民主党への政権交代後は、財務次官として、鳩山政権の財政運営を支えてきた。大物官僚の読売入りは、政官界で様々な憶測を呼んでいる。一つは、武藤敏郎元財務次官が果たせなかった日銀総裁の座の奪還。新聞界に身を置くことで財務省色を薄め、天下り批判を封じ込める狙いだろう。日銀総裁は元大蔵次官の松下康雄氏が射止めて以降、速水優氏、福井俊彦氏、白川方明氏と日銀プロパーが続き、丹呉氏の栄進は財務省の悲願である。もう一つは、丹呉氏の政界入りと政界再編の観測だ。丹呉氏とともに首相秘書官を務めた警察庁出身の小野次郎氏は「小泉チルドレン」(衆院議員)となり、現在はみんなの党所属の参院議員に転じている ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。